ゲストへのお礼|名入れボールペンは気持ちのこもった一品として人気がある

名入れボールペンは気持ちのこもった一品として人気がある

ゲストへのお礼

プレゼント

準備は

引き出物は結婚式などでゲストに渡す贈答品のことをいい、結婚式では披露宴会場の椅子の上に、袋に入った引き出物が置かれている光景を頻繁に見ることができます。引き出物は式場で手配すれば、のしや包装、当日の設置まですべて式場側で準備してもらうことができるので便利です。仕事関係のゲスト・親族・友人など、ゲストによって品物を変えることもでき、世代や好みの違いに配慮した選び方もできます。また、引き出物の内容にもこだわりたいという人は、自分で手配し式場に持ち込むこともできるので、式場に相談すると良いでしょう。引き出物は3や5品準備するのが一般的ですが、ゲストが持ち帰るときのことを考えて、重いものや大きくてかさばるものは避けた方が良いです。

地域や家で異なる

引き出物の品数は3や5といった奇数で準備するのが一般的であり、これは結婚式などの祝いの席で「別れ」を意味するものがタブーとされているからです。ですので、偶数は2つに分けることができますが、奇数は2つに分けることができないので、昔から好まれているのです。そして、引き出物はご祝儀に対するお礼の意味もあるので、相場はご祝儀の3分の1程度となっています。ご祝儀が多くなりやすい親族には、他のゲストと差をつける場合もあり、その場合は周りに分からないよう配慮しましょう。また、地域や家の考え方によって品数や金額などには差があり、一般例が当てはまらない場合もあります。結婚式は新郎新婦だけのものでなく、家同士の問題でもあるので、自分たちだけの考えで行動せず、家族にも相談すると良いです。

Copyright © 2016 名入れボールペンは気持ちのこもった一品として人気がある All Rights Reserved.