頂いたお祝いのお返しに|名入れボールペンは気持ちのこもった一品として人気がある

名入れボールペンは気持ちのこもった一品として人気がある

頂いたお祝いのお返しに

人形と花

引き出物とは別のもの

結婚内祝いとは結婚式に出席した人に渡す引き出物とは違い、結婚のお祝いをもらったけれど結婚式に招待できなかった人や出席できなかった人に贈るものです。もともとは自分たちのお祝いのおすそ分け、という意味合いがあるのが内祝いで、結婚内祝いは頂いた結婚祝いの半額〜3分の1の金額の商品を贈るのがマナーだと言われています。結婚式の1カ月以内に相手に届くようにしておきましょう。基本的には結婚式に招待した人は引き出物が結婚内祝いと同じ意味を持ちますので改めて結婚内祝いを贈る必要はありませんが、贈った引き出物に対して多くのお祝いをもらってしまったというような場合には、もう一度結婚内祝いとして品物を送っておくのが良いと言われています。

何を贈ればいいのか

結婚内祝いにどんな品物を贈ればいいのか悩んでしまいますが、一般的に選ばれているのは日常的に使うタオルやシーツ、グラスなどの食器類、家族でおいしく食べられるお菓子類など、あっても困らないものが多いと言われています。しかしその人の趣味に合わせた喜んでもらえるものを贈りたいという場合には、1つずつ選んで贈る時間もかかってしまうので、カタログギフトを選ぶ人も増えてきています。カタログギフトは自分で自分の欲しいものを選ぶことが出来るというのが大きなメリットです。逆にもらって困るという声が多い新郎新婦の名前入りのギフトや置き場所に困ってしまうような置物、すぐに食べてしまわなければいけない生ものは避けた方が無難です。

Copyright © 2016 名入れボールペンは気持ちのこもった一品として人気がある All Rights Reserved.